スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ダリ展
見てきた
姐さんを誘って

人が多くてちょっと息苦しかった…(苦笑

私はダリの作品はシュルリアリズム期しか知らなかったから初期の作品やデッサンが見れたのは嬉しかったな

初期の正統派?な絵も好きだなって思うけれど何か足りない気がした
色彩は明るいけどなんか陰鬱な気がして。
影…かなぁ。

シュルリアリズム期の絵は不思議だけどもどこか納得できる
私はやっぱりシュルリアリズム期が好きだな、どっちかと言えば
少しの空虚と得体の知れない感覚と好奇心、探究心と興味と空想を混ぜ合わせた様な色味はなんだか安心できる
ほっとするというか自分の中身の足りないものはきっと形にしたらこうなるんだろうなってそんな気がした

スポンサーサイト
【2006/12/07 23:16】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<行って来ますより | ホーム | 苛立ちはないけど>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yukineakira.blog13.fc2.com/tb.php/404-a29d0f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サルバドール・ダリに告ぐ#4・・・「ダリの世界」展(1988年開催)
~ダリ展を観た。そしてダリを感じダリを知るために~◆「ダリの世界」展(1988年)◆ダリの宝石の作品を観てから次にダリを観たのは、横浜そごうで開かれた「ダリの世界」展です。この時の展示のコンセプトは、文筆家としてのダリとイラストレーターとしてのダリという 飾釦【2006/12/24 10:21】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。