スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
しゃべり方
が似ているそうだ

私と父の。

たったそれだけなのに
やっぱり親子なんだと嬉しくなる

山梨に持っていたマンションを片付ける際に出て来たものは全て私宛だったという
その時に父は私の幼い頃のアルバムだけこっそりと持ち出したそうだ
工場裏に畑を作って私に食べさせるんだ、と果実のなるものを片端から植えて行ったらしい
曾祖母は幼い私の為に成人式で着る振り袖や肌着を全て縫ってくれたそうだ
祖父は私の名を付けたらしい
立派な雛飾りに
大きな飾り羽子板
輿車の置物

幼い私はとても大切にされて居たのだと思うと
嬉しくもあり
また今は哀しくもある

もう会えなくても良いや
父さんや祖母や工場の皆さんが私を覚えていてくれているみたいだから

もういいや。

大切にされていた
愛されていた

それだけでもう十分
スポンサーサイト
【2006/09/12 16:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今日からきゃんぷ | ホーム | お祖母ちゃんセレクト>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yukineakira.blog13.fc2.com/tb.php/369-ac583797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。