スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
中国旅行記ー信号は信じられません編(初日)ー
※これは私が行ってきた中国ツアー旅行中に書いたネタ日記。
だからほとんど現在形で書いてあるけど気にしない方向で。

行程
02:10 山梨出発
03:00 バス乗車
06:50 成田空港着
08:50 全日空923便搭乗
13:10 広州着
    広州観光
     ・陳氏書院
     ・中山紀念堂
     ・夕食
20:30 中国南方航空3303便搭乗
21:20 桂林着
22:40 宿泊地 桂湖飯店(パークホテル)


やって来ましたパンダの国!
前日に出した38.2℃の体温も何のその。
なかなか綺麗な広州空港に感動しつつもやっぱりそこは中国。
気になるところが沢山(笑

と、その前に広州の簡単な説明を。(ガイドさんが喋ってたから
広州は中国の経済の街で、お金持ちが沢山居るそうな。
昔は陳さんという苗字が街の80%以上を占めていた事もあるらしい。
また現在進行形で建設中の広州空港は中国の新たな空の玄関になる、とのこと。
覚えてるの、これだけ(ぇ

空港を降りて、バスに乗って市内へ。
うーん…流石だね。

何処を見ても漢字ばっかり。

いや、当たり前なんだけどね。
でもだからってさ、英字の下に漢字訳って言うのもなかなか日本じゃ見られないよ?
【ポカリスエット】って書いてる下に【力水】って訳がついてたり
【ペプシ】の下に【爽快渇望】って書いてあったり。
…望みすぎだと思ったのは私だけかな。
あとはバスから眺めて車が多いな、とか
思ってたよりチャリすくねーんだなーとか
実は結構この時間は人がすくねえなぁとか
ワクテカしながらなかなか楽しんだご様子。

バスを降りて観光したのが陳氏書院と中山紀念堂。
まずこの陳氏書院、先ほど書いた昔の陳さんたちがお金を出し合って建てた寺子屋みたいなものだそうな。
その割にお寺みたいな威厳ぷんぷん。
無駄にでかいし立派だし。
未だに色が残ってるし(※現在から1世紀は軽く建ってます)
なんせ

柱が朱塗り

こんなんが寺子屋なら日本は何?
廃屋ですか。
もう比べようがありません。
さらに今回はツアーですが【見れるもの・触れるもの・聞けるもの】は片端から経験しよう、と自分に約束したので裏庭にもまわって見た。
添乗員のSさん(以降Sさん)がついてきてくれた。謝謝♪
そこで見たものは石像…というか銅像?
材質はイマイチわかりませんでしたがなにやら像が沢山。
Sさんに
私「あれ、何ですか?」
Sさん「さぁー、なんでしょうねー。私もこんな場所はじめて見ましたよ」

(゜A゜)え…

いいのか、添乗員がそれで。

わかんないばかりじゃ気になるので読めないけど一応説明が書いてあったので見てみました。
そしたら
【阿Q・・・・・・】
なんてあるじゃない。
あれ、この名前知ってる。
読んだことはないけど、知ってる。
日本でも教科書にたまに載ってる阿Q少年の物語らしい。
にしても・・・
ちょっと場所がじみすぎだと思ったのは私だけじゃないはず。
だって観光客私とSさん、それから後現地の人らしきお爺さんだけでしたもん。

さて、なんのかんので陳氏書院を後にし、次に向かうのは中山紀念堂。
そのバスの中で現地ガイドのNさんが愉快なことを教えてくれた。

Nさん「ここ、広州には先ほどから信号がありますよね。ですが
信号は当てになりません。
みなさん自分の目を信じて道を渡ってくださいね」

(゜Д゜;)エー!?

なんでも信号が設置されてまだ日が浅く、しかも数が足りずに車が多い。
さらに逐一守る人が少ない。
なので信号よりも自己判断を信じて渡れっていってますた。

…それじゃ信号いらないじゃん。

そんなことを思いつつ中山紀念堂へ。
此処は特に…団体写真を撮ってお終い。
だってほとんど見せてもらえなかったんだもん(`へ´)

何もなかった中山紀念堂を出て、土産屋に。
お茶を1つだけ買って、お終い。
人民元で50元、日本円で750円。
高いね。うん。
1個を値切ろうとしたら2個ならいくら、3個なら…となり

そんなにいらねぇよ

ってことで1個だけ。
夕食は広東料理。ごめん、私には無理。
油で気持ち悪くてろくに食べれなかった。
のでお茶ばっかり飲んでたよ(ワラ

さて、これから桂林へ移動。
広州-桂林間はほとんど寝てた。
でもね。
目が醒めるたびに物が増えてた。

一回目。 テーブルが出現
二回目。 お菓子が出現
三回目。 オレンジジュースと遭遇

隣を見れば祖母ちゃんがもそもそと菓子を食らっておりました。

宿泊地のホテルは中国の4つ☆のホテルだそう。
なかなか綺麗でしたよ、うん。
でもね、笑っちゃったの。

ホテルに行くとわかるんだけど、部屋の扉の内側に非常口案内ってあるよね。
アレにね、日本語案内があったの。
それ自体はわかりやすくていいんだけど

【現在あなたのゐるところは此処です】

…ゐるところ?
……ゐるところ??
………ゐるところ!?

Σ(゜Д゜;)!?

現代仮名文字に直す予定は今のところなさ気です(ワラ
スポンサーサイト

テーマ:行ってきました! - ジャンル:日記

【2006/08/28 13:55】 | その他 | トラックバック(3) | コメント(2) | page top↑
<<中国旅行記ーミンナ合ワセテ千円ネ!編(二日目)ー | ホーム | ただいま>>
コメント
テンプレート変えてるww
さすがパンダの国に行っただけの事はあるわ。
でも、パンダネタ、、、、、、、、、、、ないよね?
信号は気にしない方向で行かなきゃいけないのかぁ。
ある意味勉強になった(ぇ
【2006/08/28 22:44】 URL | 浅緒琴貴(鴇 #-[ 編集] | page top↑
パンダネタは三日目にあるよーノシ
【2006/08/28 22:52】 URL | アキラ #O5sb3PEA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yukineakira.blog13.fc2.com/tb.php/359-84bf1ca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
十八街麻花(shibajiemahua)のこと
 以前、狗不理包子について書きました。 (メルマガ475-477号参照) 狗不理包子の次は、十八街麻花を説明しないわけにはいきません。 麻花も天津特産、天津三絶の一つでねじれた形の揚げ菓子で、ジャンボかりんとうの感じです。 麻花の発祥には諸説あって、大体 中国語・留学生活ニュース(新聞)~中国留学情報【2006/10/11 20:07】
unsecured personal loan
たまに来ますのでよろしくお願いします。 unsecured personal loan【2006/10/13 15:12】
中国大好き!!グルメ!歴史!自然!
あなたは中国旅行に行った事ありますか。僕は北京、杭州と上海に行ったことがあります。どこに行ったら楽しめるか、どんなグルメがおススメかなど書いています。中国に行く前に読んでくださいね。きっと役に立ちます。 中国大好き!!グルメ!歴史!自然!【2006/11/07 01:48】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。